topimage

2017-10

GW鳥羽家族旅行 - 2017.05.11 Thu

GWの5/5~6
娘夫婦を含め家族5名で鳥羽旅行へ行ってきました。

GW真っ只中の旅行はほとんど経験がないので
色々と段取りをミスり・・・ (^_^;)

夕食の予約も当日朝ギリOKという失態の他
渋滞予測も甘く見過ぎ
Σ('◇'*)エェッ!?

初日は予定地を目前にして急遽変更! 
Σ('◇'*)エェッ!?


にしてもなぜみんなお伊勢さんへ行きたがるんだっ!!
お伊勢さん渋滞ハンパない! 💦💦💦






というわけで伊勢シーパラダイス

ここは2年前行ったばかり → 
二見シーパラダイスから伊勢シーパラダイスに名称変更。

CIMG9584 (2)

トドのショーは
入場ゲートの外なので
無料で誰でも見れる大盤振る舞い!?

CIMG9588 (2)

トドもでかいがセイウチもでかい!

CIMG9611 (2)

メインのセイウチショー!

CIMG9616 (2)

\((( ̄( ̄( ̄▽ ̄) ̄) ̄)))/


CIMG9617 (2)

ご近所にある鳥羽水族館とは色んな面でかなり違いますが
ここにはB級ならではの楽しさが詰まっています。

そのひとつは
水槽毎に書かれているスタッフのコメント!

たとえばこんなかんじ ↓

CIMG9623 (2)


CIMG9624 (2)

スタッフの愛情が感じられます。 (^_-)-☆



そしてなんと! w(゚o゚)w
二日目も水族館へ!
どんだけ水族館好きやねん! (((( ̄▽ ̄;

CIMG9632 (2)

志摩マリンランドは
マンボウだけでなく

CIMG9653 (2)

海女さんも泳いでいます。 w(゚o゚)w

CIMG9639 (2)



昨年の伊勢志摩サミット効果なのか?

(そういえば昨年サミット直前に行ったのでした (^_^;) → 

このあたりは道路も施設もなにかとリニューアルされており
志摩マリンランドも予想以上に楽しかったです。




実はGWは地中海へ行ってきたざます!
ヾ(  ̄▽)ゞ オホホホホホ


CIMG9683 (2)


CIMG9668 (2)


CIMG9696_20170509154033e63.jpg


CIMG9662 (2)


CIMG9693_20170509154032982.jpg


CIMG9684_20170509154030b06.jpg


CIMG9665 (2)

ここは志摩地中海村

ホテルですが宿泊者以外も楽しめる施設になっています。

セルカ棒を持った
大阪では見かけないタイプの
お洒落さんグループをよく見かけました。
多分名古屋ギャルだと思われます。



最後に
美しい英虞湾(あごわん)を展望できる
横山展望台に行きました。

CIMG9706_20170509154035f39.jpg


CIMG9707 (2)


CIMG9711 (2)


この頃から少し雲行きが怪しくなってきましたが
雨に合うこともなくお天気に恵まれた楽しいGW旅行でした。
\(((( ̄▽ ̄))))/

年末琵琶湖旅行 - 2017.01.03 Tue

恒例お正月休み家族旅行
今年は12/30~31
年末に慣行しました。



今回は滋賀県、
まずは大津の三井寺。

ko.jpg

12/30は、

なななんと! w(゚o゚)w
お休み
でした。
コテッ 凹○

お寺にもお休みってあるんですね。(^▽^;)

CIMG9085.jpg

広い境内の散策は可能でした。

時代劇のロケにもよく使われるそうです。

CIMG9089.jpg


CIMG9080.jpg


CIMG9082.jpg





次に湖西道路~琵琶湖大橋~湖岸道路で
近江八幡へ。

近江八幡市は、豊臣秀次が築いた城下町を基礎として、近世は商業都市として発展した。
いわゆる近江商人の発祥の地である。
近世の風情がよく残る新町通り、永原町通り、八幡堀沿いの町並み
および日牟禮八幡宮境内地は「近江八幡市八幡伝統的建造物群保存地区」の名称で
国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されており、
時代劇の撮影場所としてもよく使われる。
ウィリアム・メレル・ヴォーリズが住み、多くの近代建築作品を遺した地としても知られている。



八幡山ロープウェー
近江八幡市街一望!

CIMG9108.jpg


CIMG9099.jpg


 
CIMG9111.jpg

近江八幡は城下町でお堀もあり
風情のあるとてもいいところです。

また近江八幡といえば
和菓子のたねや
洋菓子のクラブハリエ
でも有名ですが

その新店舗がすごい! w(゚o゚)w

CIMG9113.jpg

ラコリーナ近江八幡


夏場はこんなんらしい! w(゚o゚)w
slide_27.jpg





2日目は竹生島(ちくぶしま)観光。

竹生島は琵琶湖で2番目に大きな無人島です。

CIMG9122.jpg


CIMG9123.jpg

竹生島クルーズ

長浜港⇔竹生島
30分の船旅は揺れないし速いし超快適でした。

CIMG9126_201701012027115bc.jpg

竹生島での上陸時間は80分!

80分が長いのか?短いのか?
(?_?)(?_?)(?_?)

島内地図を見る限り
早く回ると時間が余りそうだったので
ゆっくりじっくり見て回りました。 (@_@)

CIMG9127.jpg


CIMG9128.jpg


CIMG9129.jpg


CIMG9134.jpg


最後にかわらけ投げをしたら
丁度時間になりました。

CIMG9138.jpg

鳥居の間を通せたら良いらしいのですが
まるでコース外れでした。(^_^;)

CIMG9139.jpg




年末旅行は
お正月の寿ぎ感はなく
定休日の場所もありますが
渋滞がない!
という点でお薦めです。


滋賀県は琵琶湖はもちろん
湖西や湖北の雪化粧した山々も美しく
まるで墨絵のような落ち着いた風情があり
目にも心にも優しく楽しい旅行でした。 (^O^)/

母娘京都ぶらり気まま旅 - 2016.12.09 Fri

12/5(月)~6(火) 恒例の母娘京都旅行
今回は嵐山を攻めてみました。




渡月橋の南側に猿山があるのをご存知でしょうか?

私は子供の頃に行った記憶があるのですが
(猿に威嚇されて怖かったので鮮明な記憶あり)
誰に聞いても

「嵐山に猿山なんかない、
 他と間違えてるんじゃないの?」

とほら吹きオババ扱い。


ところが!
今回その汚名を返上する事が出来ました!
\(((( ̄▽ ̄))))/

今回の京都旅行はこれにつきると言っていい!
\(((( ̄▽ ̄))))/


CIMG8773 (2)

場所も私の記憶通りでした。

CIMG8774 (2)


CIMG8778 (2)

ちょっとした山道を20分ほど上ると

CIMG8795.jpg

京都市内一望!!
\(((( ̄▽ ̄))))/

CIMG8820 (2)

京都が盆地なのがよくわかります。

CIMG8787 (2)

観光客の8割は外人さんでした。

CIMG8794 (2)

激混み観光地嵐山の中では
穴場と言っていいと思います。

CIMG8800 (2)

エサをあげるのはここからのみ。

CIMG8809 (2)



ボス猿の堂々たるバックショット!! w(゚o゚)w
CIMG8830.jpg



12月とは思えぬ陽気に恵まれ
猿の毛づくろいをのんびり眺めていました。
♪ (~ ̄▽ ̄)~ 

CIMG8843.jpg


CIMG8844.jpg



次は嵯峨野竹林の道へ

CIMG8851 (2)


CIMG8850 (2)


CIMG8859 (2)



紅葉の時期は過ぎていましたが
時折見頃に出会うことも。

CIMG8848 (2)



そんな中、天龍寺のこの案内! w(゚o゚)w
CIMG8860.jpg

盛りを過ぎてますよ~
盛りまくってますよ~?

日本語は難しいです。

京都の紅葉だより
色づき始め, 三分, 五分, 七分, 盛り, 盛りすぎ

だそうです。




歩き疲れたので
よーじやカフェ嵯峨野嵐山店で一服。

CIMG8864 (2)



嵐山駅界隈がお洒落になっていてびっくりしました。

CIMG8887 (2)


CIMG8882 (2)


CIMG8875.jpg


CIMG8884.jpg


CIMG8895 (2)


プラットホームに足湯が! w(゚o゚)w

CIMG8872 (2)


CIMG8871 (2)



江ノ電と姉妹提携の嵐電。
CIMG8908.jpg


一日中歩き回って嵐山を満喫しました。

CIMG8892 (2)

20数年ぶりの嵐山は
お洒落観光地に変身していてびっくりしましたどすえ。

CIMG8883 (2)




翌日は午前中ホテルでのんびりして
三十三間堂(堂内撮影禁止)と
すぐ前の国立博物館(庭園のみ)を鑑賞し
そのまたすぐ前のハイアットリージェンシーで遅いランチをとって
娘を京都駅に送って帰りました。
ハイアットは外人(欧米系)だらけでした。
恐るべし京都!

CIMG8918 (2)


CIMG8932 (2)


博物館


CIMG8925.jpg

現在世界中にロダンの「考える人」は21体あり
そのうち4体が日本にあるそうです。

ここ京都国立博物館の他
上野、静岡、名古屋にあるそうです。


お天気に恵まれた楽しい京都旅行でした。 (^O^)/

軽井沢避暑旅行 3日目 - 2016.09.15 Thu

いよいよ最終日

ホテルの庭の一角では
ガーデンウェディングの準備

CIMG8009 (2)

しあわせのお裾分けもらった気分 (*^_^*) 

CIMG8010 (2)



さて、今日はどこへ行くのでしょうか?

計画も運転もすべて娘に任せてらくらくパックな私 
♪ (~ ̄▽ ̄)~ 

子供が大人になるということはええことですなぁ~! 




CIMG8044 (2)

雲場池

CIMG8017.jpg

結論から言うと全行程中ここが一番良かったです!!
軽井沢無知な私にとっては衝撃的によかったです!!

CIMG8022.jpg

池の周りをのんびり一周しましたが
今すぐにでもまた行きたいほどです。

CIMG8023.jpg

四季折々、素晴らしいだろうと想像できます。

CIMG8030.jpg

素晴らしい理由は
水面の美しさだけではなく外側の景色によるところも大きいです。

CIMG8033.jpg

それは・・・?!

CIMG8046 (2)

池の周りが
超高級別荘地だからです!

CIMG8045 (2)
(たとえばこんな門扉、人の家は撮りにくい、敷地が広すぎて上手く撮れない)

旧軽の別荘地もすごかったですが
ここもほんとすごい!!

関西には無いですね (◎_◎;)

てゆーか
日本にこんなところがあるとは! w(゚o゚)w
くりびつてんぎょー!! \(◎o◎)/!

別荘といえばログハウスという私の認識がいかに浅はかだったか!!
別荘の概念が変わりました!!

これが軽井沢
だと思いました。

明治大正昭和平成と時代が変わろうとも続いていく
名士、超富裕層の力てすごいなぁ~~!!




次の目的地への道中
犬好きの我々の目に飛び込んできたものは
DOG DEPT GARDEN 軽井沢

CIMG8050 (2)

思わず引き返して見学しました。
こんな大規模なドッグカフェ&ランを見たのは初めてでテンションだだあがり (^O^)/

CIMG8047 (2)

しあわせそうな犬と人で溢れていました。

IMG_3801.jpg

軽井沢は犬天国ですね。 (^_-)-☆




さて、目的地の軽井沢レイクガーデンへ到着

CIMG8077.jpg

なにやら素敵なアプローチに吸い寄せられると・・・

IMG_3779.jpg

ルゼ・ヴィラ

CIMG8064 (2)

なんと! w(゚o゚)w
口笛奏者・柴田晶子さんがコンサートをされる会場!!
偶然とはいえ運命を感じまたまたテンション↑↑ (^O^)/


CIMG8054 (2)

テラス席でランチをいただきました。
しあわせぇ~~ (*^_^*)

CIMG8070 (2)

思いがけず優雅で贅沢なひとときを満喫したあとは湖畔を一周

CIMG8087 (2)

とても素敵なところなのでゆっくりのんびりしたいところですが・・・

CIMG8090_20160914101949226.jpg

帰りの新幹線の時間が・・・ (^_^;)

CIMG8092 (2)

あと数時間欲しかったですね。

CIMG8094.jpg

雲場とこことで丸一日つぶせましたね。

IMG_3802.jpg


IMG_3805.jpg




三日間お世話になったワゴンRとお別れし

CIMG8002.jpg


最後に再びモカソフトを食べて軽井沢を後にしました。

CIMG8096.jpg




私が今まで持っていた軽井沢のイメージといえば

関東の人が行く避暑地
関東のお金持ちの別荘地

でしたが
今回関西人の私が行ってみて思ったことは

イメージ通り
というかそれ以上

でした。

なにがそれ以上かと言うと
別荘地のすごさ! 
これにつきますっ!!



IMG_3800.jpg

びっくりしたなぁ~もぉ~ \(◎o◎)/!



~軽井沢避暑旅行記完~

軽井沢避暑旅行 2日目 - 2016.09.14 Wed

晴天の2日目は精力的に動き回りました。(^O^)/

千住博美術館
旧軽井沢エリア
白糸の滝
鬼押し出し
星野エリア

駆け足ではなく
丸一日かけてじ~っくり観光しました。




まずは千住博美術館

CIMG7907.jpg

ここはまぁなんと申しましょうか?
とにかく西沢立衛氏設計による建物がすごいです!
なんたって床が・・・ w(゚o゚)w

浅野屋ベーカリー・カフェが併設されているのもポイント高いかと。
植栽も大変美しいお洒落スポットでした。



さて、旧軽井沢探索開始

CIMG7912.jpg

見たり食べたり・・・

CIMG7917.jpg

とにかくうろうろうろうろしました。v( ̄ー ̄)v

CIMG7920.jpg

予備知識ほぼゼロ
初軽井沢の私にとっては・・・

CIMG7931.jpg

ここは明治大正昭和~~~~
♪ (~ ̄▽ ̄)~ 

CIMG7933.jpg

歴史を感じます。

CIMG7937.jpg


CIMG7959.jpg

三笠ホテル近辺の別荘地がすごくてびびりまくり! w(゚o゚)w
(写真なし、人の家なので撮りづらい(-_-;))

ビル・ゲイツ?! w(゚o゚)w
テイラー・スイフト?! w(゚o゚)w

わちゃわちゃツッコミいれつつの珍道中!
♪ (~ ̄▽ ̄)~ 



続いて、白糸の滝

CIMG7963.jpg

滝の幅が広くてびっくりしました! w(゚o゚)w

CIMG7964_20160912190447635.jpg

白糸の滝 (長野県) - 長野県北佐久郡軽井沢町にある滝。
千曲川の支流のひとつである湯川の源流。
上流に川が存在せず、浅間山の伏流水が岩盤の間から湧き出して滝となっているため、
雨の後でも水が濁らない。幅70m、高さ3m。

なお、滝の音が大滝詠一のアルバム「NIAGARA MOON」の収録曲「ナイアガラ・ムーン」の冒頭で使われている。
これはナイアガラの滝をイメージしたもので、当時アルバム製作を手伝っていた山下達郎が現地へ行き、録音した。
*Wikipediaより


CIMG7972.jpg

浅間山に降った雨が地下浸透し湧き出るまでに6年程度かかる
らしいです。
自然の神秘!! w(゚o゚)w




次に、鬼押出し園に行きました。
群馬県ですが軽井沢から30分くらいです。

CIMG7976_20160912190604fbe.jpg

鬼押出し園は、群馬県吾妻郡嬬恋村にある公園である。
一帯は1783年におきた浅間山の噴火の際に流れ出た溶岩で、
膨大な量の溶岩が風化した結果形成された奇勝を巡回できる。


CIMG7978.jpg


浅間山の頂上付近に巨大な岩が! w(゚o゚)w
(写真撮り損ね(^_^;))
1950年の噴火で噴出した火山弾で
「千トン岩」と呼ばれるそうです。 
今にもこちらに転がってきそうでびびります。 w(゚o゚)w




軽井沢に戻って星野エリアを探索しました。

CIMG7983_20160912190601bec.jpg

旧軽が明治大正昭和なら
こちらは平成といったところでしょうか?

CIMG7995.jpg

星野リゾートが作ったお洒落エリアです。

CIMG7989.jpg

とても素敵な石の教会!

CIMG7991.jpg

結婚式なう 
だそうで入れませんでした。残念。

CIMG7986.jpg



CIMG7996.jpg

他にも素敵な教会やらホテルやらなにやらが点在・・・

CIMG7994.jpg



CIMG7992.jpg





CIMG7997.jpg

目立たない裏側の森の小径を入っていくと・・・

ホテルの人に声をかけられました。

「この先はご遠慮ください」
ではなく
「この先に隠れ家レストランがございます」

と案内してくださったのが

「yukawatan」

開店前の店内を見せていただけました。
ラッキー (^_-)-☆


東京から芸能人がお忍びで来られるとかw(゚o゚)w

CIMG7998.jpg

テーブルの飾り皿一枚で「車一台」買えるとかw(゚o゚)w  ↑ このお皿 


「トミカですか?」
「車種は?」
など
気の利いた返しが出来なかったことが悔やまれます。
il||li. _| ̄|○il||li



定員オーバーで参加できなかったムササビウォッチング

CIMG8004.jpg



次回は「yukawatan」とムササビリベンジで! (^O^)/


超ハードな2日目終了


~3日目につづく~

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

最新コメント

プチ月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

maruchan

Author:maruchan
大阪狭山市在住。
音楽、映画、庭、犬をこよなく愛する。
口笛とピアノのユニット「 j a m 」で
週末ミュージシャン的生活。
鍵盤弾きボケない説は本当か?

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

FC2カウンター